メニューへジャンプ 本文へジャンプ

太陽光よくある質問

本文の開始

Q1. 太陽電池の寿命はどのくらいですか?

A. 太陽電池モジュールの寿命は平均して20年以上です。設置場所、設置条件により異なります。 太陽光発電システム

Q.2 太陽光発電を行うには、何が必要なのですか?

A. システム構成機器としては、光エネルギーで発電を行う太陽電池モジュールと発電した電力をご家庭で使用できる電力に変換するパワーコンディショナ、発電状況を確認するモニタ等が必要です。

Q.3 交歓効率って

A. 変換効率とは、太陽電池が受けた光エネルギーを電気エネルギーに変換する割合を示すものです。セル単体で計測したセル変換効率と、モジュールにパッケージした時の最大寸法での面積から算出したモジュール変換効率の両表現方法が使用Rされています。
太陽光は晴天時において地上で最大1kW/m²のエネルギーがあり、日射強度の標準としています。例えば変換効率が10%とは、このエネルギーを1m²の太陽電池に照射したとき、太陽電池の発電電力が100Wとなることを意味します。

Q. 4kWh(キロワットアワー)とはどんな単位ですか?

A. ”kW”とは瞬時の電力を示し、”kWh”とは一定時間あたりの積算電力量を示します(発電、消費、売電、買電とも同様です)。例えば10kW発電を5時間続けた場合、10×5=50kWhの発電電力量となります。 4kWh(キロワットアワー)とはどんな単位ですか?

Q.5太陽光発電と太陽熱温水器はどう違うのですか?

A. 太陽エネルギー利用には光を電気に変換し利用する方法と熱を利用する方法の2通りがあります。太陽光発電は太陽の光エネルギーをシリコンなどの半導体により、直接電気エネルギーに変換するものです。太陽熱温水器は太陽の熱エネルギーを利用して水の温度を上げ、お湯を作るシステムです。

Q.6 曇の日や雨の日も発電するの?積雪の場合はどうなの?

A. 太陽エネルギー利用には光を電気に変換し利用する方法と熱を利用する方法の2通りがあります。太陽光発電は太陽の光エネルギーをシリコンなどの半導体により、直接電気エネルギーに変換するものです。太陽熱温水器は太陽の熱エネルギーを利用して水の温度を上げ、お湯を作るシステムです。

Q.7 寒い地域では、発電が悪くなるの?

A. 基本的には太陽電池は、年間を通じてより多くの日射量が得られ、気温が低い程、良く発電します。しかし、寒冷地において、雪などで太陽電池に入射する光が遮られる場合は、その間発電量が低下します。従って、実際の発電量は、地域や、太陽電池の取り付け状態によって異なりますが、寒い地域だからといって単純に実際のトータルの発電量が低くなるわけではありません。

Q1.御契約から設置完了までは、どのくらいかかりますか?

A. 国の補助金機関(J-PEC)からの補助金受理決定通知がご自宅に届くまで、約2週間かかります。その間にメーカーへの納品依頼を促し受理が決定する頃に施工をする流れが最短の設置になります。また、メーカーの在庫状況によっては御契約から設置まで1ヵ月半から2ヵ月が経過することもあります。

Q.2 設置工事は何日くらいかかるのですか?

A. 基本的には1日で終了致します、売電開始をする「系統連系」は、事前に当社スタッフから御客様へお伝えがあります(この系統連系は土日・祝祭日は東京電力様の御都合上できません)

Q.3 どのくらい太陽電池容量が必要なのでしょうか?

A. ひと月分の電気料金領収書にある電力料金から、おおよその年間電力料金を算出することができます。これにもとづいて、最適なシステムを選びます。詳しくは発電量シミュレーションをご覧下さい。実際に設置出来る容量は屋根の大きさや向き等により異なります。

Q.4 設置できない屋根はありますか?

A. 多くの屋根に対応した取付金具をご用意しておりますが、一部の特殊な屋根には取付できない場合があります。

Q.5 設置できる屋根は南向きだけですか?

A. 図のように屋根の方角によって発電量が変わります。ひとつの方角では、充分に設置できない場合は、パネルシステムを東西などに分けて設置することも可能です。北面への設置は、発電量が少ないこと及び近隣(北側)への反射光被害が懸念されるため、設置をおやめ下さい。

Q.6 設置できない地域はありますか?

A. 以下の地域では設置が困難です。
・海沿い(飛散した海水がかかる場所) ・温泉地などの腐食性物質地域 ・標高1,000m以上の地域
上記以外でも、積雪量が1.5m以上の地域、塩害地域等、条件により設置できない場合があります。 実際の設置につきましては、販売店が設置場所を確認の上、ご相談させて頂きます。

Q.7 雷が落ちやすくないの?

A. 太陽電池だから雷が落ちやすいということはありません。屋根や屋上に設置する他の設備と同様です。
過去30年間に太陽電池が直接落雷を受けたという事例は極めて稀です。一般の屋外設置の電気機器でもごく稀に被害を受ける例もありますが、これらは直接落雷ではなく、間接的な誘導電流が流れることによって受ける被害です。一般住宅として屋外に設置されている他の電気機器同様、太陽電池だからといって落雷を受け易い理由はありません。落雷の懸念が全くないわけではありませんが、太陽電池システムとしての落雷対策は、回路内に一定性能のサージアブソーバ(避雷素子)等を設置して誘導雷対策を行い、被害を食い止める策をとっています。
※国産メーカーは自然災害補償の対象となります。
太陽光雷

Q.8 住宅用太陽光発電システム設置の際、届け出の必要はあるの?

A. 国や都道府県に関する補助金申請の届け出、また電力会社への電力受給契約書も当社で御用意致します。住宅火災保険は、省エネ設備設置による保険金額の軽減がある会社様もあるため、ご興味のある方は御担当させて頂いたスタッフまでお伝え下さい。

Q.9 住宅用太陽光発電システム設置の際、届け出の必要はあるの?

A. パワコン、接続箱の容量・回路数までは増設可能です。

お問い合せフォーム Mail Form

下記フォームに必要事項をご入力ください。
「送信内容確認」ボタンをクリックすると送信確認画面を表示します。
は必須項目です。

会社名
会社名フリガナ (全角)
部署名
お名前  
フリガナ   (全角)
TEL - - (半角数字)
メールアドレス (半角英数字)
メールアドレス
(確認用)
(半角英数字)
お問い合せ内容

ページトップ
ページの終了